2019年9月18日水曜日

「フリースクール」とは何か


ここまでとりとめもないことばかり書いてきた当ブログ。
スタッフに「あんなブログに『いいね!』がつくのが悔しい」と言われてしまう始末。(-.-シツレイナ
でも真面目なことも書くんですからねっ!


てなわけで今日は「フリースクールとは何か」。

はい、ある意味永遠のテーマです。
フリースクールを調べる子ども達や親御さんからは「どんな場所かよくわらかない」と言われるし、大学の研究者はまず「フリースクールの定義」に四苦八苦する。

なぜか。それは、それぞれの「フリースクール」にあまりにも共通点が少なすぎるからだ。


日本の「フリースクール」に共通しているのは、「不登校の子どもが通っている」のみである。
ではその通ってきた子ども達が何をしてるのか、それはフリースクールによって千差万別だ。その日にすることは自分で決める「居場所」形式が多数派であるとは言えると思うが、学習サポートがメインの所もフリースクールと名乗ったりする。
学校に対するスタンスも、必ずしも学校復帰にこだわらない所もあれば、学校への復帰を最終目標にしている所もある。
つまり、活動内容や理念では定義できないということだ。

ただし、フリースクールの「源流」に立ち戻るなら、その発祥はイギリスの「サマーヒルスクール」であると言われている。こちらは別の記事で詳しく取り上げようと思うが、簡単に言えば子ども達の「自由」と「自治」を重んじた学校である。このサマーヒルスクールと近しいコンセプトで活動しているフリースクールが、フリースクールの「元々の意味」に近いとは言える。


以上をまとめて、私は「フリースクールとは何か」と聞かれた時、次のように答えるようにしている。

・共通点は「不登校の子どもが通ってきている」のみである
・では不登校の子が来て何をしているかは千差万別である
・子ども達の自由を重んじた「居場所」が多数派ではあるが、そうでない所も多い
・ゆえに子ども達が集まって「何をしている所か」をしっかり見てほしい
・最終的には、子どもが求めるニーズや「ここがいい!」という直観によって選んでほしい
・一応西洋のサマーヒルスクールが源流とは言われている

「フリースクールみなもはこんなところです」という説明はしても、「フリースクール」自体については上記を伝えた上で「これこそがフリースクールだ」とは断言しないようにしている。みなもの活動はフリースクールの一形態ではあっても、それはフリースクールの絶対的な姿ではないのである。


2019年9月17日火曜日

大阪人への洗礼



大阪在住(出身ではない)のりじちょ~、
この3連休についにたこ焼き器を購入!初の家でたこ焼き!!

これでついに名実ともに大阪人の仲間入りであるか?(▽-



2019年9月10日火曜日

ネタ切れに広報

タイムリーなネタがないので広告を。


なんと みなもが ほんをだした!(-.-
…のは昨年末のことだからだいぶ前だ。

ブログも作ったことやし、改めて告知。




タイトルは
『学校へ行かないという選択~フリースクール経由オトナ行き~』
神戸市垂水区のフリースクール、ふぉーらいふさんとの共著です。

書籍のコンセプトは
「フリースクールの実態を『よいところも悪いところも客観的に』伝えたい」。
フリースクールができること・得意なことはもちろん、できないこと・苦手なことも正直に。そして「想い」ではなく「機能」で語る、そんな一冊に仕上げ・・・たつもりです。
成功したかどうかは読んでいただいた方にお任せします。

フリースペースのこと、親の会のこと、学習のこと、発達障がい支援のこと、様々な観点からフリースクールの機能を取り上げました。またOBOG座談会もあります。

よろしければぜひどうぞヾ(-.-





2019年9月4日水曜日

絵1枚を書く消費MPは如何ほどか


さて、りじちょ~は無理してマンガブログを書いていたことがあるのだが・・・

ことがある、と言ったのは、第2子が産まれて以降書くヒマと体力がなく、止まっているからである。いつか復活させたいとは思っている。それがいつとは言っていない(-.-
http://nin-dan.blogspot.com


まあそれはともかく

私は絵が全く描けなくはないが、私にとって絵を描くというのは、MPを消費する行為のようだ。
1日あたり使える最大MPがあり、その上限に達するとそれ以上書けなくなる。
大体30~1時間分くらいか。


ところが先日、絵がめっちゃ描ける人とこの話をしていると、

「MPは別に使わないかな。HPが持つ限りいくらでも。」


・・・メガンテ??;゚Д゚)


もうね、絵の技量どうこう以前に根本が違うのね。
ホンマに絵が描ける人ってのはこういう人なんやな、って(-.-""


2019年9月2日月曜日

人の道を模索する日々


3歳の息子に歩道と車道について教える時…

「そっちはお車の道だよ。人の道を外れちゃダメだよ。



















何も間違ったことは言ってないんだが、なんだかニュアンスが重い…

かといって他の言い方が思いつかんのだわ(▽^""


2019年8月30日金曜日

2019年8月28日水曜日

理事長とコーヒーと

知ってる人は知っているが、りじちょ~は缶コーヒーが好きだ。

ドリップコーヒーも好きだが、缶コーヒーはそれとは別の飲み物。
それはそれで好きだ。

思うに、ドリップコーヒーはリラックスしたい時、
逆に缶コーヒーは覚醒したい時、と使い分けているようだ。
(コーヒーは、香りはリラックス作用だが、中には覚醒作用のカフェインが入っている不可思議な飲料である。)

ところが、なぜだかペットボトル入りの1Lのコーヒーでは満足できない。
どうもそれでは、缶コーヒーの代わりにならないらしい。
そのため、りじちょ~の昼飯に対するコーヒー代の割合は、なんと50%にも達する!(-.-


なぜだろう、とずっと考えていた。
そして先週、ついにその答えらしきものにたどり着いた!

りじちょ~は、「コーヒーと金属の器の触感のコンボ」が好きだったのだ。
瀬戸物やグラスではダメ、金属でなければダメなのだ!
「食器は実際に味覚に影響する」と、某グルメバトル漫画の四天王さんも言ってた(-.-

だから、こうした。

ステンレスのタンブラーとペットボトルコーヒーのコンボ。

さあ、これでわしのエンゲル係数(コーヒー的な意味で)は下がるだろうか…(-.-